【イメージ】採用情報 recruit

先輩インタビュー

鈴木 早織。2007年入社 人事部

専門知識よりも大切なことは、コミュニケーションをすること。

職場風景その1

大学では英文学科を専攻していたのですが、正直に話しますとこれといって専門知識があった訳ではないので、何でもやってみたいという気持ちで就職活動に臨みました。安心ダイヤルと巡りあったのはそんな折です。当社に決めた理由は、会社説明会の雰囲気がとても良く印象深かったことと、託児所なども設置され、女性が働きやすい職場であるということでした。

新入社員での配属はコンシェルジュサービス業務で、高級車のオーナー様からのお問い合わせやお車のトラブルに適切かつ迅速な救援手配(ロードアシスタンスサービス)を行う仕事です。コンシェルジュサービスというくらいですから、例えばロードアシスタンスサービスの手配業務においても、常にお客様が現在置かれている状況を想像し、ご安心・ご満足していただくだけでなく、どうしたらお客様に感動を与えられるかが重要でした。

一昨年の秋からは人事部に異動となり、現在は社内スタッフとして新しいことに挑戦しています。専門知識が必要なことも多い部署ですが、コンシェルジュデスクで培ったコミュニケーション能力を生かして頑張っています。

向上心さえあれば、能力はついてくる。

職場風景その2

部署が変わっても、常に“相手が何を欲しているか”という事を念頭に置いてコミュニケーションをとっていく基本姿勢は変わっていません。これから入社を考えている学生の皆様は、是非「相手を想うコミュニケーション」の重要性について考えてみてください。何を目指すにしても、相手を想って積極的にコミュニケーションをとって行き、常に向上心を持って前向きに取り組む姿勢を忘れなければきっと良い結果が出せますよ。

最後に、コンシェルジュサービス業務で養われた”相手に気を配る姿勢”は人事部でも活かされています。 安心ダイヤルは、思いやりがあって向上心溢れる方にはぴったりの職場です。

このページのトップへ