PERSON先輩紹介

厳しくも温かい指導で、新入社員を現場に送り出す。

第3オペレーション部 スーパーバイザー

山角 涼子

2008年入社

厳しい指導は、
信頼関係の上にこそ
成り立つ。

第3オペレーション部は、国産高級車のオーナー様向けコンシェルジュサービスをご提供しています。お車のトラブル対応のみならず、ホテルやレストランのご案内やご予約まで、幅広くお客さまのご要望にお応えするのが私たちの役目。他の部に比べても覚えることが多く、加えて高級車オーナー様というハイクラスの方を対象とするサービスということもあり、言葉遣いから電話を受けるときの姿勢まで、非常に厳しい教育が行われています。

その中で私は研修講師を担当し、入社間もない研修生たちに、端末操作や電話応対のロールプレイングなどの実践的な教育を行っています。目標は、研修開始から3週間後に行われるテストを通過させること。このテストを通過できなければ、研修生たちは現場で働くことはできません。入社してくれたからには現場に連れて行けるよう、研修中は厳しく、一方で厳しいだけではお互い息が詰まってしまうので、普段のコミュニケーションも大切にしながら指導するよう心掛けています。

育児に追われる毎日でも、
着実なスキルアップを。

2014年の3月から2015年の5月まで、産休・育休を取得しました。産休に入る以前は現場でオペレータを監督する業務に従事していたので、夜勤などもありましたが、現在は時間短縮勤務を利用し、9時出勤15時退勤の固定シフトで働いています。復帰前は久しぶりの職場に馴染めるか不安もありましたが、いざ復帰すると同僚たちが「おかえり!」と温かく迎えてくれました。現在は1歳になる娘とともに通勤し、仕事中は社内の託児所に預けています。当社の託児所は民営の認可託児所の半額程度の負担で利用できるので、経済的にも非常に助かっています。

将来の目標は、管理職を目指すこと。そのためには会社全体をより良くするためにできることを考えなくてはならないと思うので、他部署も経験して視野を広げてみたいと思っています。仕事と育児に追われる慌ただしい毎日ですが、一つひとつの仕事にしっかりと向き合い、着実にスキルアップを重ねていきたいです。

PROFILEプロフィール

第3オペレーション部 スーパーバイザー

山角 涼子

2008年入社

2008年に派遣社員として入社。入社時から一貫して第3オペレーション部で勤務。育成に携わる立場になった現在、入社当時の自身は「本当に育成が大変な新人だったと思う」と笑顔で振り返る。

DAY CHART一日の流れ

8:30
出社
少し早目に出社して子どもを託児所に預けます。
9:00
新人研修スタート
お客様にレストランをご紹介するために必要な座学研修を行います。
10:30
休憩
座学が終わったので少し休憩。休憩後は実際にレストランを検索するトレーニングをします。
12:00
ランチ
いつもはお弁当を持ってくるのですが、今日は同期と近くのカフェでランチです。
気の置けない仲間とのおしゃべりであっという間に時間が過ぎます。
13:00
研修再開
全員で声を出してトークスクリプトの確認をします。
13:30
ロールプレイング
午前中の内容を踏まえ、ロールプレイングを開始。
本番さながらの、熱のこもったロールプレイングでスキルアップを図ります。
15:00
退社
今日の研修内容をまとめて同僚に引継ぎを行います。
就業後は同じフロアーにある託児所へ子どもを迎えに行き、一緒に帰ります。
PAGE TOP