研修制度

300時間にもおよぶ充実の研修制度で、オペレーターの「プロ」としての力を身につけます。

【入社~1ヶ月】

まずは提供サービスに必要な知識を身につけていきます。話法、車(住宅)の知識、提供サービスに関わる規定などを座学で、知識を習得します。

その後先輩オペレータの通話を聞き、応対の基本を覚えます。基本的な知識が身に付いてきたら、先輩オペレータをお客様に見立てたロールプレイングを開始します。

【1ヶ月~2ヶ月】

基本的な研修を終え、実際にお客様から掛かってくる電話を受信します。受信中は常に経験豊富なスーパーバイザーが隣でモニタリングをし、OJTを実施しています。

本物のお客様が相手なので最初は緊張されると思いますが、経験豊富な先輩が親切に指導しますので、安心です。

【2ヶ月~3ヶ月】

基本的に、受信中はスーパーバイザーのモニタリングを実施せずに、一人で受信を行います。スーパーバイザーは、常に応答時間を確認し、応答時間が長いようであればモニタリングを実施し、アドバイスを行っていきます。

ここまで来れば一人前のオペレータまであと一歩です。今までの研修の成果を日々の受信業務に生かし、分からない点があれば先輩に質問しましょう。

【3ヶ月~4ヶ月】

フォローアップ研修を行ない、実際の業務に携わってみて生まれた不安や疑問、その他細かい点までを、再度座学やロールプレイング、モニタリングを通じて解消していきます。その他にもデスクでは定期的に、苦情事例の共有や、業務知識テストの実施を継続して実施しています。

安心ダイヤルには、以上の合計300時間に及ぶ研修を経て未経験の方でもプロのオペレータとして立派に活躍することが出来る環境があります。

このページのトップへ